パン and  ごはん



毎日暑い日が続いてちょっとうんざり。
もうすぐ長男Rの誕生日で、子供2人とも8月生まれなのですが
よくもまあこんな暑い8月に産んだなぁと・・・自分でも思います。
おかげで体重管理は楽だったんですけど。

d0147223_22122990.jpg


暑いですが、食べるものだけは休むことなく作っております。
↑のパンはお友達の家へ遊びに行くときに持っていったホワイトカレーパン。
でも、かぼちゃを入れちゃったら黄色くなって全然ホワイトじゃないですね。

この日数時間友達と話をしたことで、日々のストレスから随分解放されました。
毎回いろんな発見があって楽しいひとときです。


d0147223_22534287.jpg


ここ数ヶ月前からご飯を炊くときに大麦をいれて炊いています。
おかずは、8割が野菜。
魚やお肉もいろいろ食べやすく。
この暑いのに頻繁に煮物作ってます。

すべては主人のヘルシー生活に便乗してのこと。
食事・筋トレ・運動・情報収集と本当に頭が下がるほど。
見かけも随分と変化して、職場でも驚かれているようです。
「病気でもしたの(そのせいで痩せた)?」って(笑

もちろん子供たちも同じメニューなのですが、
いまのところ好き嫌いなく食べてくれてます。
洋食があまり好きではないので、それほど苦ではない様子。


***********************************

オリンピック。
目標に立ち向かう姿って見ているだけで感動しますね。

今日も夕飯時に谷本選手の試合を見ていました。
その表彰式のことなんですが、ふと長男Rに
「君が代って知ってる?」と聞いたら「ううん。」という答えが。

私たちが小学生の頃は学校での大事な行事の際には
必ずと言っていいほど歌っていた君が代。
今じゃ歌わないんですね。

君が代を歌うか(歌わせるか)については賛否両論ありますが、
日本の国歌です。
知らないでこの先済むのでしょうか?
だれが教えるのでしょうか。
やっぱり親でしょうか。

「教えない」「知らない」のはいいことだとは思いません。
知った上でどうするか、「考える」ことが大事なのだと思います。
排除していくばかりじゃ物事は薄っぺらくなるばかり。
「いい」ことは望ましいけど、「そうじゃない」こともしっかりと受け止めるべきだと思うのです。

子供が学校に通うようになって感じたこと。
私が小学生だった頃とはずいぶん様子が違います。
ふと疑問に思うことも、不安に思うことも、ちらほら。
きっと親の考え方も変わったんでしょうね~。

な~んて、長々書いてしまいましたが、
国歌を聞きながら選手が涙を流す姿を見ながら、ふと感じたのです。

たくましく育てよ!息子たち。






[PR]
by tolerante | 2008-08-12 22:42 | 食べもの