陰唇癒合

市の4カ月健診で突如言われた「陰唇癒合」
(詳しくはコチラ

まずはネットで検索。
小児科医でも知らない医師も多いとのことで
場所が場所だけに、ベビを出産した産婦人科で診てもらいました。
「それほど癒着もひどくないし、経過をみてもいいとは思うけど、
念のために大きい病院に行って意見を聞いてはどうか」
と言われたので、大阪赤十字病院に紹介状を書いてもらいました。

ちなみに大きい病院は、紹介状がない場合は
初診時の保険外併用療養費として5,400円(税込)かかります。
(これも調べてあったので、紹介状を書いてもらいました。)

初診だし絶対混むと思って早めに行ったのですが、
タイミングよかったのかスススーッと、まずは小児科へ。

が、この先生は「陰唇癒合」と伝えてもピンとこない様子。
「(処置は)おそらく小児外科かと思うんですが・・・」と言ってみると
「今日は小児外科の外来がないんですが、先生に来てもらえるか聞いてみます」
と待つこと5分程。

診察室に入って話し始めて「この先生なら大丈夫かも・・・」と思えました。
(一緒にいった主人もそう思ったそうです)

診察を受けるまで、そして処置(切開の場合も有)をすることは想定してあったので
正直不安だったのですが、こちらが聞きたいことを尋ねる前に
医師の方からわかりやすく原因・処置・今後のケアについて
親切に話してくれました。
原因としては、おむつを替えるときお股を奥までガッと開かない場合が多く
ウンチの汚れが残って癒着するんだそうです。

処置にも夫婦で立会い、「お母さん見といてね、ここが・・・」
と細かくお股の正常な状態の様子や薬の塗り方まで教えてもらいました。

処置的には棒状の器具を癒着している部分の裏に入れ、
器具を起こすことでス~ッと剥がすという感じでした。

おそらく処置は親子分離で大泣きするんやろなぁ~と思ってたので
これにはちょっと驚きましたが、親にとっても子供にとっても安心できてよかったです。

特に子供がしゃべれないうちは、本人から聞くこともできないので
目に見えないところでの処置は私としては不安があります。
もちろん親がいることで余計に泣いたり
親が口出しして処置に不都合だったりするケースも
あるのかもしれませんが・・・。

処置後も再度今後のケア(お手入れ)について
ゆっくり説明してもらい、1週間後にまた診察を受けます。
剥がしたばかりでまたくっつきやすいので、お手入れを頑張らないと・・・。

結構少なくない症例らしいのにあまり知られていない。
産婦人科でも出産後にお股のお手入れの指導があれば
違うんじゃないかなと思いました。
[PR]
by tolerante | 2014-04-18 17:19 | 家族